分析の高度化

デジタルマーケティングの運用力を高めるためには、何千、何万の出稿キーワードやデータを分析し、運用改善を行うことが重要です。しかし、スマートフォンの登場により、現在ではデバイスという切り口での運用を考えることが必要になり、さらには、運用型化したディスプレイ広告やソーシャル広告など、検索以外でのチャネルの増加、キーワードターゲティング、コンテンツターゲティング、行動ターゲティング、オーディエンスターゲティングなどの、ターゲティング手法の増加など、デジタルマーケティングにおいて分析しなければならない要素や切り口は多様化しています。アイレップではこれまで以上に高い分析力による運用を実践すべく、Marketiaを進化させ、パフォーマンスに大きく影響を与える「分析の高度化」の実現に向けたビッグデータを処理するプラットフォームで高度化・複雑化を続けるデジタルマーケティングに対応します。

Marketiaクロス集計レポート

これまでの運用では、課題の仮説を立て、媒体管理画面より取得が必要なレポートをリストアップし、ダウンロードして加工して・・・という作業が必要でしたが、デジタルマーケティングの高度な運用と最適化に必要なのは加工する作業ではなく、「課題を打破する戦略の立案と実行」です。Marketiaのクロス集計レポートは、課題かもしれないことを瞬時に調べ、並べて比較することができるため、有効な施策を選んで実行することが可能です。

異なるチャネル、媒体、キャンペーンも同じ画面上で閲覧!さまざまな軸で分析できるクロス集計レポート

Marketiaアナリシスレポート

ABC分析や管理図、ヒストグラムなど分析のフレームワークやその考え方をヒントに、アナリシスレポートでは、独自の視点での分析軸を用意しております。これにより、問題を可視化する分析をより短時間に、より効率的に行います。アイレップが提供するアナリシスレポートは、そのようなフレームワークをアイレップ独自ノウハウを注入し、必要なアクションにつながる分析ができるよう、設計がされています。

Marketiaアラート

朝一番で、設定されたアラートをメールで送信。気付かないままにすることなく、必要な改善をいち早く打ち、パフォーマンスの向上に繋げることが可能です。

Marketiaアラートを使わないコンサルタントの日常 コンサルタントの日々のデータ分析、確認のきめ細かさという属人的な部分で、異常を検知。

Marketiaアラートを使っているコンサルタントの日常 CPA2倍超過しているキーワードがあることをアラートにて確認

成果上昇の要因報告(いつ、何を行ったことで成果向上につながったかを把握しているため)を行った上、さらなる改善を目指し、広告トライアル提案書を提出、次期出稿戦略の提案書を提出、課題に対するアクションからはじめられるため、成果改善のサイクルもスピードアップ!

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ